アイーンAIIIIIINスナックカラオケ夜の店トンローエカマイ夜遊び

プラカノンの夜散歩・デートスポット・ビアガーデンから南欧料理まで

598 views
約5分
プラカノンの夜散歩・デートスポット・ビアガーデンから南欧料理まで

エカマイ・カラオケスナック「アイーン」は、スクンビット通りからソイへ入ってすぐのところにあり、BTSエカマイ駅からも280mほどと、とても交通のアクセスがよいところにあります。この近辺のエリアはアソークやプロンポンとは違った、静かで落ち着いたなかでもおしゃれな飲食店や楽しいスポットがあるのが街の特徴です。

カラオケスナック「アイーン」の近場の便利な店・面白スポットを紹介する「次行ってみよう!」のコーナーですが、今回は、デートや気軽な街歩きにおもしろい、プラカノンの駅前エリアについてご紹介します。

BTSエカマイ駅とオンヌット駅の間にあるのがプラカノン駅です。スクンビット通りをウドムスックやバンナーまで行ってしまうとさすがにバンコクといっても郊外というイメージが強くなります。オンヌットくらいまでが、バンコクの“準都心部”といえる範囲ではないでしょうか。
そのなかでプラカノンというのは、トンローやオンヌットに比べると派手さや知名度は落ちますが、静かで穴場的な雰囲気です。
当店「アイーン」のあるエカマイ駅周辺からスクンビット通りを下っていくと、ゴルフ打ちっぱなし練習場の「ティーオフ42」を経て、プラカノン駅を過ぎた少し先の左側に、W Districtという巨大なタワーマンションがあります。この敷地内が広場になっていて、様々な飲食店やカフェ、雑貨店が並んでいます。もちろん、居住者以外でも入って利用することができます。

大人の味で大人気のジェラート店「凛太郎」

ここで人気があるのが「凜太郎ジェラテリア」というジェラートのソフトクリーム店です。「RIN TARO(凛)」と看板が出ているので、すぐ見つけられます。

ジェラートに使用している各素材の味がしっかりしていて、砂糖やシロップなどで無理やり甘くした感じではないので、大人でも食べやすい味です。
メニューは、「ゆずミルク」「濃厚カマンベール&ナッツ」「悠山(抹茶味)」「チュンポーン(おそらくタイ南部のチュンポーン産のバナナクリーム)」「カフェオーレ&ベイクドチーズケーキ」「バナナアーモンド」「カシスオレンジ」「パッションフルーツ」「黒糖キャラメルナッツ」「ほうじ茶とお餅」「黒ゴマ団子」の12種類もあります。
このなかから2種類を選んでひとつのコーンにのせてくれます。どの組み合わせでも価格は120バーツです。
とても人気があって、外に並べているイスで順番待ちをする人がいるくらいです。
バンコクのお店は飲み屋やレストランでない限り、閉まるのがやたら早いですが、ここは21時まで営業しているので、涼しい時間帯の散歩のときに便利です。

「凜太郎ジェラテリア」 営業時間:11:00~21:00

今夜は一味ちがったスペインのワインで

「凛太郎」の並びを奥へ進むと「CASA TEO」というレストランがあります。
ここは、いわゆる「タパス」とよばれるスペイン料理の店です。ハモンセラーノという世界三大生ハムのひとつである生ハムや、肉の網焼き、トルティージャ(スペイン式オムレツ)、酸っぱい味が独特のマリネなどがあります。そして、圧巻なのがスペイン料理に欠かせないワインです。たくさんの種類のワインが棚に並んでいます。
コロナ対策の許可をとっているので、もちろんワインを店内で飲むことが可能です。


タイ料理屋や日本食ではなく目新しい料理を食べたいというときには、おもしろいのではないでしょうか。

「CASA TEO」 営業時間:11:30〜22:00

この広場には他にも、カフェやワゴン車店舗のハンバーガー店などがあり、オープンスペースのベンチなどでくつろぎながら飲食できます。

夜風を感じながら開放的な広場で飲む

さらに奥へ進むと、マンションの敷地を出たところに公園のような広場があってそこがビアガーデン風のスペースになっています。ここは「Wマート」という施設で、オープンな空間でいろいろな国の料理やビールなどを楽しむことができます。
出店は、タイ料理だけではなく、バーベキュー店やイタリアン、和食、タコス店などバラエティーに富んでいるので、客層は欧米の人も多く、多国籍で開放的な雰囲気です。日時によっては、バンドの生演奏があることもあります。
以前は0時まで営業していましたが、コロナの規制によってお酒が飲める時間など遅い時間は営業時間に変更があるかもしれませんので事前に確認をしておいてください。

「Wマート」(様々な出店のあるビアガーデン)
営業時間:16:00~0:00(要確認)

これらの広場を突っ切ると、スクンビット・ソイ69とソイ71を結ぶ、プラカノンの名店街ともいえるソイがあります。ここにも、日本の居酒屋や、カフェ、飲み屋などが並んでいて雑多な雰囲気がおもしろい道です。ただし抜け道になっているので、朝から晩までやたらバイクが通りを走り抜けていきますので、酔っている時は歩行にお気をつけください。

以上が、プラカノン駅近くのスクンビット奇数エリアの小さな夜歩きスポットのご紹介でした。「アイーン」からはタクシーで5分ほどでいけます。仲良くなったあの娘と夕涼みに遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
093-570-5000