アイーンAIIIIIINスナックカラオケ夜の店トンローエカマイ夜遊び

タイのインフルエンサー・裸エプロン店員VS生姜売り純情派

1514 views
約4分
タイのインフルエンサー・裸エプロン店員VS生姜売り純情派

先日、「ヨーロッパ・セックス選手権」というイベントの第一回大会がスウェーデンで行われました。謎の大会で、どんな人たちが参加したのか?審査基準は?についての詳しい情報は不明です。
優勝したのはスイート・メリー(Sweet Mery)という芸名をもつマリア・ザドゥラベック(Marija Zadravec)という女性です。1995年生まれの27歳だそうです。…好みもあるかとは思いますが、たしかに全身から、ただよう色気が強いです。体中の全パーツがエロいという隙のなさです。
スイート・メリーさんはポルノスターだそうです。さっそく彼女のインスタなどには「第一回ヨーロッパ・セックス選手権優勝!」と書かれているそうで、これを機に彼女の出演作やグラビアは売れ行きを伸ばしそうです。

タイのノーパン喫茶!?

タイでは固定のホームページやサイトより、SNSでの口コミが盛んです。だから、物を売る場合も、企業のブランディングも、人材の求人でさえも、フェイスブックやインスタで宣伝をすると急激に結果が出たりします。
当然、商品によっては話題性のためにエッチな雰囲気の娘が登場して過激さを競うことも多いです。こちらは以前、話題になった、チョンブリーの喫茶店のセクシー店員です。なんと、裸にエプロンというコスチュームです。彼女は宣伝用のモデルではなく、実際にこのカフェ店を運営しており、注文があれば自分でコーヒーを淹れて、お客さんのもとへ運ぶそうです。
まるでノーパン喫茶みたいです。

最近の流行は純情派?

逆に最近タイで話題を集めているのが、「天使みたいな女の子」と評判である娘です。
バンコクの西にあるラーチャブリー県のスリムアン市場というところで、ガランガルという生姜の一種を販売している、ノンバムさんという22歳の女性です。
彼女は、タイでよくいる、胸の谷間を出した格好で果物や料理を売る娘たちとはちがい、きわどい衣装も着ず、お色気は一切出していません。

実際にこの娘は自分で農家を周って仕入れた生姜を加工して市場で販売するという、地道な仕事をしています。17歳の時からずっとこの仕事をしており、最初は全然売れずに苦労したようです。でも市場ではとても明るく純朴な感じでお客さんに接しているそうで、その自然なかわいらしさに虜になる人が続出したそうです。
フェイスブックでは、この素朴な娘を応援しようという空気が発生して、今では絶大な支持を集めていて、20万人以上のフォロワーがいるそうです。

SNS上では“こんな地味な仕事をしなくてももっと稼げるはず”などとコメントが寄せられましたが、ノンバムさんは、この仕事が好きなので職業は変えないと語っているそうです。人気が出たからといって儲け話に飛びつかず堅実なところが、また評価をあげました。

タイではインフルエンサーによる宣伝が強すぎるため、最近はこういう素朴で宣伝宣伝していない雰囲気のスタイルが新鮮に映り人気が出ているようです。
お色気全面スタイルと、純情派、どちらのタイプがお好みでしょうか?
どちらにせよ、がんばるタイっ娘は応援してあげたいものです。

タイのセクシーなドリアン売り美人図鑑・おっぱいと魅惑の果実

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
093-570-5000
Verified by MonsterInsights