アイーンAIIIIIINスナックカラオケ夜の店トンローエカマイ夜遊び

タイ美人の条件とは?色白・高い鼻・太眉メイク・マスクとれば別人?

1651 views
約4分
タイ美人の条件とは?色白・高い鼻・太眉メイク・マスクとれば別人?

コロナ規制が緩和されて、6月1日からの夜遊び繁華街の完全復活が楽しみなバンコクです。さらにタイ保健省では、6月半ばからバンコクやチョンブリ、チェンマイ、プーケットなどの31都県で、公共の場所でのマスク着用義務の撤廃を検討中であることを発表しています。
マスク着用がなくなれば、ほとんど完全にコロナ前の世界に戻りますね。
このコロナが発生してから知り合った人、たとえば、新しい取引先のスタッフとか、よく行くカフェの可愛い店員さんなどは、その素顔を知らないわけです。
マスク美人だと思っていたら、マスクをとったらがっかりした、あるいは、予想以上の美女で、こんな娘といつも会っていたのか!という新発見があるかもしれません。

タイで美人の条件とされているのは、どういったことなのでしょうか。

タイの昔のモテる条件“3W”とは

日本では、昔のバブル時代に、もてる男の条件は“3K”、つまり高身長、高学歴、高収入、といわれていました。
タイでも昔(15年ほど前)に言われていたモテる女の条件は“3W”である、という言葉があります。KAOもしくはWHITE(色白)、SUAI(きれいな顔)、MOAI(中華系)の3つのWのことです。今では日本の3K同様、死語なのですが、でも現在のタイ娘の間でもこの3つは基本条件のようです。「中華系」というのは、なぜなのかわかりにくいですが、タイにいる華僑系タイ人の顔立ちのことです。タイの華僑は当然、現代の中国人や日本人に似ているいわゆる、あっさりとした弥生人顔なのですが、華僑系タイ人は富裕層が多いので、そうしたことへの憧れもあるのです。

色白

これは有名ですが、近年のタイ人女性の間での美白意識はとても高いです。日中は日傘をさして歩いているOLもよくいますし、薬局などをのぞくと美白の美容グッズやサプリメントが大きなスペースをとっています。伝統的に熱帯のタイでは、室内で仕事をするよう人は社会的身分が高いという価値観があって、そこから、室内にいて日焼けをしないため、色白の人=エグゼクティブ、というイメージがあることも大きいようです。
そうはいっても熱帯で太陽の光が厳しいタイなので、メイクを落としたらシミが目立つ娘も少なくないので、美白には苦労しているようです。

高い鼻すじ

タイ人女性が顔の整形手術をする場合、たいていが鼻を高くする手術です。日本人が美容整形をする場合だと目をいじる人が多いと思いますが、タイ人は元々目がぱっちりしている顔立ちの人が多いので、アジア的なだんご鼻の方を気にする娘が多いようです。鼻を高くする美容整形手術の場合は9,000バーツ前後から、そして鼻の穴を小さくする手術の場合は10,000バーツ前後でそれほど高くなく施術ができます。
コロナの期間、マスク着用をしている時間が長かったので、その機会に鼻の整形手術をしてしまう人も多かったようです。久しぶりにマスクをとった顔を見たら、鼻が高くなっていたという娘もいるかもしれません。

太まゆ毛

タイに長く滞在していると感覚が麻痺してきますが、タイ人女性の眉毛は太くて濃いです。タイに初めて来た頃などは、女性のまゆげの太さにびっくりして、「バブル期かよ」と感じたものですが、今では可愛く見えます。

最近は日本でも、やや太めの眉毛メイクが流行っていますが、タイは昔から一貫して男も女も眉毛が太くて濃いほど美男子・美女であるとされています。

しかもタイ人女性の太まゆメイクは、なぜか重く野暮ったくは見えないので、不思議な魅力があります。

きれいな歯

これは美人の条件というより、タイでは最低条件のような位置づけになっています。
歯並びがきれいであり、ホワイトニングしていることです。口臭などは論外です。

タイ人の間では八重歯などというのは可愛いものではないそうで、なぜ日本人はお金もちなのに歯に気を遣わないのかと不思議なことだと思われているそうです。

さあ、あなたの気になるあのタイっ娘は、マスクをはずしたらどんな素顔なのでしょうか。早くマスクを脱いでもらいたいものです。規制明けが楽しみですね。

タイの修羅場からみる結婚観と高い離婚率・近年の日本人男性への評価

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
093-570-5000