アイーンAIIIIIINスナックカラオケ夜の店トンローエカマイ夜遊び

タイ語で「あげまん」「さげまん」にあたる言葉は?出逢う娘はどっち?

349 views
約4分
タイ語で「あげまん」「さげまん」にあたる言葉は?出逢う娘はどっち?

3月になりました。ナイトカフェ形式で週末など限定で営業しているエカマイのカラオケスナック「アイーン」です。

こわいタイローカルニュースがありましたね。ブリラム県に住む45歳の夫と43歳の妻のタイ人夫婦が、家の中で夫婦喧嘩をはじめ、夫に対してキレた妻は、漁業用のモリで夫の股間を突き刺しました。夫は実家の母親のところへ逃げますが、翌日激痛のため病院へ。局部を17針も縫うことになったというひと騒動がありました。
妻側の言い分では、いつも夫は酔っ払って問題を起こしており、この日は首を締めにきたので、あわてて夫の局部をつかんで抵抗しただけで武器は使っていない、とのことです。
しかし、股間を手でつかんだくらいで17針も縫うケガをするはずはないので、モリで刺したのは本当のことなのでしょう。ヒゲダンスの時に剣で刺したフルーツみたいに、ズボッと深々と刺さったと想像すると、おそろしいことです。

どうして、喧嘩になったかというと、ゴシップニュースによれば、夫が米を炊かないで放ったらかしだったので、妻が怒って言い争いになってしまいそこからヒートアップしたそうです。しょうもない理由ですね…。

さて、この夫と妻、どちらの言い分が正しいのかは不明ですが、男性の立場からすると理由がどうであれ、局所をモリで刺して大けがをさせるような女性は「さげまん」、女性の立場からすると飲んだくれの亭主は「さげちん」、ということになります。

タイにも「サゲマン」「サゲチン」」にあたるような言葉はあるのでしょうか!?

タイ語にも隠語があります。一見普通の言葉だが、使うシチュエーションによっては裏の意味が出てくる言葉のことですが、タイの隠語で「さげまん」に相当する隠語がหล่น(ロン)
だそうです。ロンはあくまでも「落とす」とか「失くす」という意味の言葉ですが、女性、特に飲み屋や風俗店の娘や・あるいはお小遣いをあげて口説いた相手について語る時にหล่น(ロン)と言うと、まさに「さげまん」とか「ハズレ」という意味になるそうです。
ニュアンスとしては、まるでお金を落としてしまったようなハズレだった、という印象を説明していることになります。


言葉は悪いですが、飲み屋でみつけた可愛い女の子にいれこんで、毎晩のように通って酒やごはんをごちそうし、高価なプレゼントをしまくっていったのに、いざ口説き落としたら「あなた、浮気したら、あなたを刺して私も後を追うよ!」というメンヘラ娘だったことが発覚したときに、หล่น(ロン)、と思わずつぶやくと「金をドブにすててハズレ引いちまった・・・・」というニュアンスになるのです。

逆に「あげまん」や「あたり」の場合の隠語は何というのでしょうか?
ทอน (トーン)だそうです。
ทอน (トーン)とは、“減らす”、とか、“お釣りを払う”というのがストレートな意味なのですが、これを上記と同様に、自分が選んだ女性・男性のことを語る時に言うと、「大当たり」という裏の意味が出てくるのだそうです。なぜ「お釣り」が当たりということになるのかは、よくわかりませんが、意訳すると“お釣りがくるサービスぶり”とか“お釣りを出したくなるほど思ったより最高の相手を手に入れた”というような感じでしょうか?

日本語だと「まん」とか「ちん」で男女の価値を表現するところを、タイ語の場合はお金で例えるというところが、文化の違いのようで興味深いです。
皆さまは、今晩の夜遊び飲みで、せひ、ทอน (トーン)と言えるお相手をつかんでください!

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
093-570-5000