アイーンAIIIIIINスナックカラオケ夜の店トンローエカマイ夜遊び

タイ夜遊び事件・ウガンダ女強盗・16歳連れだしバー・傘で暴れるオカマ

232 views
約4分
タイ夜遊び事件・ウガンダ女強盗・16歳連れだしバー・傘で暴れるオカマ

エカマイにあるホルモン焼・カラオケスナック「アイーン」です。第Ⅰ部18時~21時はホルモン焼き店として、第Ⅱ部21時以降は通常のスナックとして営業しています。
6月も終盤ということで、タイの6月の夜の繁華街の事件をみてみましょう。

ウガンダ人エロマッサージ女が昏睡強盗?

6月10日、パタヤでカナダ人男性がウガンダ人女性に9万バーツを盗られる事件がありました。
カナダ人男性がパタヤの歓楽街を散策していたところ、アフリカ系女性二人組と出会いました。二人は2000バーツの報酬でエロマッサージをすることを持ちかけてきて、カナダ人は合意しました。ホテルの部屋で一緒に酒を飲んだ後にマッサージが始まりましたが、カナダ人男性は眠りに落ちてしまいます。気がついたらウガンダ女性はいなくなっており、金庫に保管していた9万バーツも無くなっていたため通報しました。警察はウガンダ人を捜索、宿泊していたホテルを探しだし部屋に突入して逮捕しました。証拠として、犯行時に着用していた衣服やウィッグも押収されました。ウガンダ人2人は取り調べで否認、カナダ人に普通のマッサージを依頼されただけと主張しています。
バンコクでも黒人のお姉さんが路上でお誘いをしていることがあります。すごいお尻と胸に圧倒され、日本にいたらまず見かけないので一度体験してみたい気もしますが、やはりこわいですね。

未成年少女の連れだしバー摘発

6月20日、東北地方のウドンタニで、未成年者が性的サービスをしているとして外国人向けバーが摘発されました。
情報を得て警察が捜索を実施したところ、店内にいたホステスの中から16歳少女らが見つかりました。店内からは未使用のコンドームも多数発見され、無許可営業であることも発覚しました。店にいた18歳のホステスによると自分も16歳の頃からこのバーで働いていたとのことです。
少なくとも数年間は営業していたわけで、地方都市だとまだこういった店があるのでしょうか。

パブのオーナーが従業員を射殺

21日金曜日夜、バンコクのブンクム地区にあるパブのオーナーが、雇用していた警備員を射殺するという事件が発生しました。
自首してきて逮捕されたオーナーの主張によると、オーナーが、女性スタッフへセクハラを繰り返していたパブの警備員を注意するともみあいになり、銃を奪い合うなかで間違って発射してしまい、警備員の頭にあたってしまったとのことです。銃は近くの運河に捨てたと自供しています。
「死人に口なし」ですし銃をわざわざ捨てていることからも予め自分で用意していた銃なのでは、と怪しい気もしますが、実際はどうだったのでしょうか。

プーケットでニューハーフ集団が暴れる

23日早朝、プーケットにある歓楽街のバングラ通りで、外国人旅行者がニューハーフの集団に襲われて負傷する事件がありました。
午前4時40分ごろに通報を受け警察官が現場へ急行すると「ニューヨークバー」前で、外国人旅行者の男女数人が血を流していました。
外国人旅行者に事情を聞いたところ、ニューハーフ4~5人の集団に傘で襲われて負傷したそうです。警察はニューハーフらを呼び出して事情聴取をする予定とのことです。オカマの強引な客引きを断ろうとして揉めた、といういつものパターンでしょうか。フィジカル的には屈強な男で、しかもすぐ仲間を呼ぶので、タイのニューハーフと揉めてはいけません

恐怖のタイの立ちんぼニューハーフ・タイの珍痴漢防止グッズとは

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
093-570-5000
Verified by MonsterInsights