アイーンAIIIIIINスナックカラオケ夜の店トンローエカマイ夜遊び

タイのCA制服図鑑・タイ国際航空、エアアジア、バンコクエアライン…     

2461 views
約5分
タイのCA制服図鑑・タイ国際航空、エアアジア、バンコクエアライン…     

毎週火曜日~土曜日の19:00~LASTで営業している、エカマイのカラオケスナック「アイーン」です。
先日、タイ国際航空が、飛行機の客席を販売するというイベントが行われました。航空会社が席を売るのは当たり前じゃないか?と思うかもしれませんが、空席ではなく座席そのものを販売したのです。
タイ国際航空のネットのライブ放送で販売された座席は、使用されなくなったエアバスA330―300型機のもので、色は青、黄色、桃色の3色で、価格は2席で1セットとなり35,000バーツでした。一瞬で30組が売りきれ、105万バーツを売り上げたそうです。35,000バーツといえば約12万5千円ですから、飛行機の座席とはいえ中古のイスに10万円以上出す人がいるというのは驚きですが、マニアの世界は不思議なものです。
タイ国際航空は、もともとのずさんな経営に新型コロナの規制によるフライトの減少が追い打ちをかけて、2020年5月に経営破綻してしまいました。現在は、事業再生計画に基づき再建中です。2020年12月期は連結最終損益が1411億バーツの赤字だったそうですから、大変な道のりです。
モーチットの近くにある本社の社員食堂を飛行機機内のように改造して一般の人が機内食を味わえるレストランをやったりなど、少しでも収益になることをやってきていましたが、その流れで飛行機備品の販売に踏み切ったわけです。
でも、航空会社が中古品を販売するなら、CAさんの制服を売った方がもっと買う人がいるんじゃないかと思います。

スチュワーデスの制服というのは魅力があるものですよね。コロナのせいで長い間、日本への一時帰国をしていないので、空港にはずいぶんご無沙汰だよという人も多いと思います。
ひさしぶりにタイの航空会社のCAさんの制服姿をみてみましょう。

タイ国際航空CAの制服

まずはタイ王国のナショナルフラッグであるタイ国際航空です。
キャビンアテンダントの制服には、いくつかバリエーションがいくつかあります。このように制服のなかに上手に民族衣装の要素をとりいれたものがあって、これをタイの到着空港で見たら「タイに来たな」と感じるものです。
先に述べたように、タイ国際航空は経営破綻しましたが、公的資金を投入されて再建中です。日本とのフライトも、成田―バンコク、関空―バンコク、中部―バンコクの三路線が復活しています。

タイ・エアアジアのCAの制服

東南アジアのLCCといえばエアアジアですね。マレーシアの会社なのですが、タイ・エアアジアとしてタイ法人がタイ国内線と国際線を運航しています。
CAは真っ赤なスーツスタイルの制服が強烈なインパクトです。制服のスタイルのせいなのか、巨乳のCAさんが多いイメージがありました。
以前は日本への路線もいくつかありましたが、コロナですべて運航休止。2022年5月から成田―バンコク路線が復活予定なので、もうすこしで日本の空港でも赤い制服のCAが再びみられるようになります。

バンコクエアウェイズのCAの制服

バンコクエアウェイズは、スワンナプーム空港やその他タイの地方空港からタイ国内・近隣諸国へ就航しています。
日本への路線は2009年頃に廃止となったので日本にはあまりなじみのない航空会社かもしれませんが、この航空会社のすごいところは自社所有の私設空港をもっているのです。サムイ島の空港やスコータイ空港などがバンコクエアウェイズの所有空港で、これらの空港に行くには基本的にはバンコクエアウィズのフライトに乗らないといけないという独占状態です。
CAの制服は水色のもので、自社空港を持つリッチな会社だからか、他のLCCとは違って上品でお色気控えめの制服です。

タイ・ノックエアのCAの制服

タイのLCCであるノックエア。ど派手な塗装の飛行機が目立っていて、CAの制服もビビットな黄色で目立っていました。社風なのかノックエアのCAや地上スタッフの女性は、明るい髪の色をして派手なメイクで華やかな人が多かった印象があります。
ノックとはタイ語で鳥という意味です。
タイのチェンマイやウドンタニなど地方への国内線の他、日本へもスクート(シンガポールのLCC)との共同運航で路線がありました。バンコクと広島空港を結ぶかなり珍しい路線も運航していたのですが、やはりコロナの荒波には勝てず、2020年7月30日、タイ国中央破産裁判所に破産法に基づく会社更生手続きを申請しています。現在は裁判所の管理下で再建を目指しています。

タイスマイルのCAの制服

タイスマイルはタイ国際航空100%出資のグループ会社で、タイ国際航空とのコードシェアという形で日本への路線もありました。カンボジアのプノンペンやラオスのビエンチャンなど近隣諸国への路線も多いです。一応LCCということになるのですが、ちゃんと無料で飲み物が出たり座席指定や預け入れ手荷物も20kgまで無料など、サービスがしっかりしています。
CAはオレンジ色の華やかな制服です。

久しぶりのタイCAの姿、どうでしたでしょうか?きれいなタイのCAさんを見ていると目がなごみますね。もっとコロナが落ち着き規制が緩和されて、気軽に一時帰国やタイ国内旅行ができるようになってもらいたいものです。
それまでは、お気に入りのアイーン娘にお願いして、CAさんの衣装を着てもらって飲んでみるというのも楽しいかもしれません。きっと最高のホスピタリティで癒してくれるはずですよ。

タイの季節イベントでの女の子のコスプレ衣装はどんなものがあるの?

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
093-570-5000