アイーンAIIIIIINスナックカラオケ夜の店トンローエカマイ夜遊び

タイで元気になる回春方法?精力剤・伝統秘術○○マッサージ・薬用酒

2156 views
約6分
タイで元気になる回春方法?精力剤・伝統秘術○○マッサージ・薬用酒

2021年の今年も残すところ、あと1日となってしまいました。年末年始はぜひ、エカマイのカラオケスナック「アイーン」へお越しください。
タイでは、コロナの規制で通常のナイト娯楽店、つまりバーやカラオケクラブの営業は、まだ禁止されています。でもパタヤやパッポン通りなどではゴーゴーバーなどが業態を変えてオープンしている店もあったりします。かといって報道ではそうしたオープンした店が摘発を受けたという情報も流れます。いったい、営業しているのか休業しているのか。よくわからない状態ですが、当店「アイーン」では週末限定でナイトカフェとして営業をしています。

今年を振り返りつつ、アイーン娘たちと楽しく交流してください。世界ではオミクロンが流行しているようですが来年もコロナに負けずに元気で過ごしたいものです。
ところで元気になるといえば、タイで元気になる薬や民間療法にはどのようなものがあるのでしょうか。定番の情報を集めてみました。ただしご利用は自己責任でお願いいたします…。

天然成分の精力剤「Gセブン」

タイで開発された精力増強剤です。持続力と回復力を高める効果があり、限界までの時間を延ばす効果も期待できるそうです。
成分の内容は、タイ産の高級ハーブと、漢方薬にも使われている天然成分を抽出したものです。成分表によるとイカリソウ、オシャグジタケ、ベニバナ、ニクジュヨウ、そしてニホンジカのツノなどのエキスが入っています。

ED治療薬であるバイアグラや後述する「カマクラゼリー」と違って化学合成物質は一切使用していないため、安心して利用できるとされています。
その反面、バイアグラやカマグラゼリーに比べると効果はやや薄くなるそうです。イメージとしては、バイアグラがユンケルやアリナミンだとしたら、Gセブンはニンニクや朝鮮人参を自分ですりおろした汁のようなものでしょうか。

ただし、輸出用の「G7 EXPORT」にはシルデナフィル23mg、バルデナフィル2mg、ダポキセチン3mgが含まれていることが確認されています。通常のタイ国内用のGセブンも同様なのかは定かではありませんが、心臓病や高血圧などの持病がある人は、予めかかりつけの医師に確認をとった方が良いかもしれません。
バンコクの薬局に置いてあります。ソイカウボーイやタニヤ・パッポンエリアなど夜遊びの繁華街の近くの薬局なら置いていると思います。

バイアグラのジェネリック「カマグラゼリー」

カマグラはバイアグラ成分の「シルデナフィル」と同じ成分が使用されている正規のジェネリックの医薬品です。インドの大手製薬会社のアジャンタ・ファーマ社が販売しており、日本では販売認可が下りていないのですが、タイでは街の中の薬局で手に入ります。
このカマグラは錠剤なのですが、ゼリータイプがカマクラゼリーです。名前の通りカード状になっているパッケージを開けると、なかからゼリー状のカマグラが出てきます。飲みやすいようにバナナなどのフルーツ味がついています。そのまま吸うことができるので、水が不要でさりげなく摂取することができます。バイアグラと同じ成分が入っていますので、効能もバイアグラとほぼ同じです。飲んでから20分ほどで効きはじめ、立ちあがるパワーが即効性で出てきます。
副反応として、服用により血管が拡がっている状態になるため、頭痛や顔のほてりが出る場合があるそうです。

タイマッサージの奥義「ジャップカサイ」

タイといえばタイ古式マッサージが有名ですが、その施術のひとつにジャップカサイという睾丸マッサージがあります。
日本の風俗店の“なんちゃってタイマッサージ店”が、睾丸マッサージをプレイの一種として取り入れたため、変なイメージがついてしまいましたが、本来はタイ式マッサージの奥義といわれている施術で、健康のための治療行為とされてきました。当然エッチなものではありません。


男性ホルモンのひとつであるテストステロンの分泌は20歳代がピークで、その後加齢とともに40代・50代になるとかなりの低下をしてしまいます。テストステロンが少なくなると精力の減退だけではなく、集中力の低下、慢性的な疲労感がおこる原因にもなるそうです。
男性のそけい部と睾丸には血管とリンパが集中しています。この部分を丁寧に指圧することで血行を促進し、老廃物の排出、また刺激によりテストステロン分泌を促すそうです。テストステロンの分泌が改善されると、目の知覚能力を強化する効能もあるそうです。

ジャップカサイの施術は、そけい部など周辺をもみほぐして血流を集めてから、施術者が睾丸を両手で挟み込むようにして転がしたりひっぱったりします。少し痛いこともあるらしく、袋の根元をつねるような動作や、左と右の玉をクロスさせるような施術の局面もあります。
正式のジャップカサイではサオを触ることはありません。サオを触ってくるのであれば、偽物の風俗ダミー店の可能性が高いです。
タイでも本物のジャップカサイの施術をしているところは少なくなってきているので、よく探す必要があります。

庶民のスタミナの素?ヤードン(薬用酒)

「ヤードン」ยาดองとはタイのハーブ酒です。タイ原産の薬草をお酒につけこんだものです。物によってはハブ酒のようにタイのコブラや、キノコなどを入れているものもあるようです。
タイでは古くから滋養強壮に効くと庶民に親しまれているものです。田舎では昔の日本の梅酒やどぶろくのように各家庭で作っているようで、以前、タクシーの運転手のおっちゃんと話していたら「ヤードンでチルドレン、メニーメニー!」と力説していた人がいたので、勇気のある方は飲んできてはいかがでしょうか。
タイ国鉄のファランポーン駅前で路上にゴザを敷いた“簡易バー”で飲めるみたいです。

タイ薬草酒ヤードンの回春パワーは本物?赤マムシイベント開催中

いろいろありますね。さすがアメージングタイランドです。でも一番元気になるのは、可愛いタイの女の子とのふれあいではないでしょうか!?

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
093-570-5000