アイーンAIIIIIINスナックカラオケ夜の店トンローエカマイ夜遊び

かわいいタイの巨乳モデルがいる意外な場所・楽しいショーの裏側

717 views
約4分
かわいいタイの巨乳モデルがいる意外な場所・楽しいショーの裏側

エカマイにあるホルモン焼・カラオケスナック「アイーン」です。第Ⅰ部18時~21時はホルモン焼き店として、第Ⅱ部21時以降は通常のスナックとして営業しています。
先週はロイクラトンでした。これは川の女神への信仰の祭ですが、現代の水の女神といえばグラビア水着モデルです。タイにもモデルがいます。
皆様お気づきのように、タイは書籍文化が弱いため、雑誌や写真集を見かけないという国です。だからタイのグラビアモデルたちの主戦場はネットグラビアです。
出演料は安いため彼女らは色々な仕事をしないといけません。撮影がないときはプリティと呼ばれるイベントコンパニオンをしたり、ラウンジというタイのキャバクラの一種のような店でホステスをしている娘もいます。

意外な場所で副業をするタイのモデル

この娘はフロリダ・スクサワンさんというモデルです。
グラビアモデルとして色々な写真撮影をしていて、インスタグラムのフォロワーは7.9万人です。
媒体によっては、露出の高いショットもあります。

フロリダさんの胸はEカップだそうです。

彼女は人気があるモデルですが、これだけでは芸能活動が大変なので、意外なところで働いて副業をしています。それは、水族館です。

水族館で、ビキニ水着と魚の下半身をつけて人魚のコスプレをして人魚姫になり、魚が泳いでいる水槽の中に入って、観客たちに向けてパフォーマンスするという仕事です。タイでも珍しい仕事のようで、フロリダさんはインタビューで語っています。

とても過酷な人魚の活動とは

フロリダさんはこう説明します。
「水槽の深さは同じではないので大変なんですよ。」
深い水槽の場合、体が浮いてくるのに逆らって一番下まで潜らないといけないし、岩などがある水槽の場合は体をぶつけないように気をつけないと危ないのです。
また、「水はとても冷たいんです。それに色々な魚や餌のプランクトンが泳いでいるので、普段はみたこともない細菌がうようよしているんです。」

過酷な水の中で、水槽を観ている子供たちに笑顔で手を振らないといけないのでかなりの重労働です。それなのに、タイでも評価が低いらしく、どうせエッチな格好して客引きをする仕事だろ、などと悪口を言われることもあるそうです。

そして、なによりきついことがあります。この写真をもういちど見ていただきたいのですが、人魚姫のイメージを守るためアクアラングをつけることができないのです。長い間呼吸をしないで水の中に潜っていないといけないため、特殊な訓練が必要になります。

人魚姫になるための修行!

フロリダさんは、モデルの撮影や水族館の人魚ショーが休みの日は、このようにプールで訓練を行います。スタッフが見守る中、フロリダさんは水に顔をつけます。
そして、30秒、1分、1分30秒・・・とそのままの体勢を持続します。

2分を過ぎてもフロリダさんは水から出てきません。
そして、さすがに限界になり、プハーと顔を上げました。

この日の潜水タイムは2分13秒37でした。

このような訓練を常に行って体を慣らし、呼吸をとめる時間を延ばしてきたのだそうです。

彼女はこのような呼吸訓練のほか、本業はモデルですから、体重の管理や肌の手入れも毎日続けないといけません。タイのモデルは大変なのですね。彼女の他のモデルは、休日のショッピングモールで商品販売のMCをしていたり、なかにはカラオケクラブやスナックバーの客寄せ役として働いている娘もいます。
こうした背景を知ると、タイのモデルの娘たちを、ますます応援したくなります。

フロリダさんの公式インスタグラム
https://www.instagram.com/xforidax/

タイの観光ビーチとビキニ美女図鑑・可愛い娘と砂浜や離島を鑑賞

 

 

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
093-570-5000
Verified by MonsterInsights